4年間

東京のスタートアップで働く大学休学2年目の人のブログ

「最高のリーダーは何もしない」を読んだ

リーダーシップとか組織力について興味のある今日この頃、本書を投資家の木村さんが紹介していたので読んでみました。

感想としては、そんなに目新しい発見もなく、微妙。。

著者の言っていることは、ざっくり言って

・消費者の価値観の多様化、価値観の変化のスピードが速くなってきた
・従来のトップダウン型経営ではなく、現場に権限を委託して意思決定させないとスピードが追いつかない
・そのためには現場メンバーのやる気を高め、自主的に動いてもらう必要がある
・従来はお金がやる気につながったが、近年は精神的豊かさを重視する若者が増えている
・仕事を通じて精神的に豊かになれるよう、会社のビジョンを通じて働く意味を与える
・経営者の仕事はビジョンの設定とその共有だけであり、トップダウンであれこれ細かな指示を出す必要はない

こんな感じです。
話を進めているうちに「ビジョンを設定」すること自体が目的してしまっているところに違和感を覚えました。

・消費者の価値観の多様化、価値観の変化のスピードが速くなってきた

これは確かにそうで、そのためにトップダウンではなく現場に権限委託はいいと思います。
しかし、実際に権限委託するには色々ハードルがあるはずで、
本書ではビジョンを設定して共有するだけで全て上手くいくとような形で書いてありますが、
実際には例えば現場メンバーに能力が足りないと権限委託は逆効果になるので採用のハードルが上がるという問題があります。
また、自主的に動いてもらうにはモチベーションが高い状態で仕事に取り組んでもらう必要があるわけですが、
その方法は何もビジョンを共有する(仕事の社会的意味を与える)だけではないと思うんですね。

例えばリクルートという会社は、「リクルートがどうなってもいい人ばかりで構成されており、働いてる人は自己の成長を目的としている人が多い」と聞いたことがあります。会社のビジョンなんて知らないが、社員は成長するために仕事を頑張っているわけなので、成長環境が用意できれば自主性は引き出せます。

ざっと思いつく、自主性を引き出す(やる気を出してもらう)源泉を挙げてみます。
・ビジョンへの共感(だいたい社会的意義につながる)
・自社サービスが提供する価値への共感
・成長環境(成長したい人向け)
・挑戦しがいのある高い目標を達成する楽しさ(目標を追うのが好きな人向け)
・成果出すほど給与増える(お金稼ぎたい人向け)
・成果を出した時にMVPとして社内表彰されるとかそういう類のやつ(承認欲求得たい人向け)

上に挙げたように、別にビジョンへの共感がなくても自主的に仕事をしてもらう環境は作れるはずです。そこで何も考えずにビジョンを設定してそれに共感してもらえば完璧だ!というのはなんか違うなと思いました。
ビジョンへの共感ってなかなか難しいはずなので、共感する人採用しようにも、高いレベルで共感する人はなかなか見つからないでしょう。

ビジョンへの共感は、ビジョンが変わらない限り継続するはずなので、やる気の源泉の中では最も期間が長い→会社を辞められにくいというメリットがあります。なので、例えば成長したい!というモチベーションで入社した社員にも、ビジョンに共感してもらえるよう努力することは大事だと思います。でも、それが全てではないんじゃないかなぁと気になりました。

僕は「挑戦しがいのある高い目標」があるかどうかを最も重視して会社を選ぶような人なので最初は著者の言っていることの理解に苦しみましたが、思うに多くの人は、「成長したい」とか「仕事での承認欲求」は持っていなくて(あるとしても弱くて)、そういう人にもやる気を持って仕事してもらうためにはビジョンを浸透させて働く意義を与えるっていうのが効率がいいんでしょうね。

wordpressの初期設定

テーマのインストール

XeoryBaseを入れる

テーマの更新

archive.php
base.css
footer.php
functions.php
header.php
index.php
single.php
style.css
lib/functions/head.php 192行目と197行目のog:hogehogeをfb:hogehogeに変更
wordpress-23-related-posts-plugin/static/themes/modern.cssを編集

サイドバーの編集

最新の記事
カテゴリー

herokuのrailsアプリのサブディレクトリにwordpressのブログを表示させたい:リバースプロキシ

herokuで運用しているサービスのサブディレクトリにブログを開設したくて、ブログはwordpressで運用するときのやり方まとめです。

SEO的な観点から、サブドメインよりサブディレクトリでやった方がいいという噂です。

herokuアプリのurlが http://heroku-hoge.com

wordpressブログのurlが http://wordpress-hoge.com だとして、

http://heroku-hoge.com/blog 以下にアクセスした際に、http://wordpress-hoge.com以下のページが表示されるようにします。「http://heroku-hoge.com/blogにアクセスすると、urlはhttp://heroku-hoge.com/blogのまま、http://wordpress-hoge.comの内容が表示されている」という状況です。

いろいろ調べてそれなりに記事が出てきますが、コピペしてやっても上手く動かなかったので、全体的にこのブログでも上手くいったやり方まとめようと思います。

やり方

①「rack-reverse-proxy」というgemファイルをインストールします

 gemfileに以下を記述し、bundle installします

gem "rack-reverse-proxy", require: "rack/reverse_proxy", git: 'https://github.com/jaswope/rack-reverse-proxy.git'

②先ほどのgemfileを発動させます

 config.ruに以下を記述します。

use Rack::ReverseProxy do
reverse_proxy /^\/blog\/.*)$/, 'http://wordpress-hoge.com$1', opts={:preserve_host => true}
end


以上で、herokuアプリ側の設定は完了です。
続いて、wordpress側の設定に進みます。ここで注意ですが、wordpressはルートディレクトリにインストールしてください。なぜか分かりませんが、サブディレクトリにインストールしたら動きませんでした。

③wp側のwp-config.phpを編集します

 ftpで接続してwp-config.phpに下記を追加してください。

$_SERVER['HTTP_HOST'] = $_SERVER['HTTP_X_FORWARDED_HOST'];
$_SERVER['REQUEST_URI'] = '/blog' . $_SERVER['REQUEST_URI'];
$_SERVER['SCRIPT_NAME'] = '/blog' . $_SERVER['SCRIPT_NAME'];
$_SERVER['PHP_SELF'] = '/blog' . $_SERVER['PHP_SELF'];
$_SERVER['REMOTE_ADDR'] = $_SERVER['HTTP_X_FORWARDED_FOR'];

define('WP_HOME', "http://http://wordpress-hoge.com/blog");
define('WP_SITEURL', "http://http://wordpress-hoge.com/blog");


以上で完了です。


何やらパーマリンクの設定をいじっているうちに.htaccessのRewriteの部分が勝手に更新され、ルート以外にアクセスしたら500になってしまうようです。初期の.htaccessに戻せば解決します。下記に初期の状態を挙げておきます

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>

仕事とかするときにこういうこと心がけるといいかも的なメモ

スタートアップで1年くらい仕事してきて、こうするといいよ的な話を今後のためにまとめときます。
 
1.一般的なやり方にとらわれず、よりよい方法を探す
スタートアップは、基本的にあらゆるリソース面で不利な状況での戦いを強いられます。僕が働いていた会社では某R社や某Y社が競合でしたが、そんな相手に対して同じやり方で普通に戦っても勝てる訳ないです。
以外と世の中で一般的にやられている方法よりいい方法なんて探せば見つかったりするもので、それを見つける努力をしましょう という話です。
例えば、法人営業で大学生なら誰でも手に入れられる某所から仕入れたリスト使って広告営業のテレアポするとかやりました。ここにはあまり書けませんがちょっとエグい方法も色々やりました。普通に電話して商材の説明して営業してても勝てる訳ないので。
 
マーケでは出稿した記事広告にはてブしまくるとか。あとうちではやってないですが最近聞いた話だと、「複数のサテライトサイト作ってリスティング出稿して、リダイレクトで本サイトに飛ばすことで検索広告を独占する」ってことやってる会社がありました。こういう普通じゃない方法探して実行できると、普通にやるより成果出ていいです。
 
2.新しいことを始める時は、なるべく経験者の話を聞く
学生ベンチャーだと特にそうですが、何をやるにしても知見がないので、とりあえずやってみよう!
ってなりやすいです。とりあえずやるのもいいですが、経験がある人から話が聞けるならなるべく聞いたほうが圧倒的に効率がいいです。
 
3.目標を楽観的に捉える
普通に考えて無理だろ・・・っていうことを達成なければならない場面に多く直面するのがスタートアップというものです。そのため、どんな壁が前にあっても、まあなんとかなるだろと思う習慣は大事な気がします。というか自然とそういう思考になっていくと思います。
どんなにヤバイKPIがあってもまずは楽観的に捉えて、達成するための方法を考えましょう。ただ、達成するための方法がないのに楽観的な計画を作るのはマズイので、計画はシビアに作りましょう。
 
4.やらないことを決める
何をやらないか・あるいは手を抜くかというのはとても大事です。最初はいろんな可能性を探るために手を広げる必要のある場面もありますが、最終的には選択と集中で突破していく必要があります。
やらないことを決めることによって、一部の取引先に対して失礼なことになるかもですが、場合によってはそういったことを受け入れる必要もあるのかなと思います。
 
5.結果に拘る
最後です。結果に拘りましょう。
サービスが前進してさえすればなんとかなります。結果が出るまでやり続けましょう。結果が出てたら遊んでもいいですが、結果が出てないのに遊んだらダメです。

優秀な若いベトナム人の意識低い系問題

僕には、日本語が喋れるベトナム人の友達が多くいます。それは、僕のベトナムでの海外インターン先で当時バイトしていた大学生だったり、交流会的なところで仲良くなった若手のビジネスマンだったり、はたまた彼女だったりするのですが、ともかくそういう友達が10人以上はいます。

そしてその中には今日本に住んでいる人も2人います。1人は飲食チェーンな会社で3年間働きに来ていて、もう1人は一橋な大学で4年間+1年間の語学学校での留学中です。

彼らはベトナムの中では超優秀で、貿易大学(ベトナム単科大学しかないのですが、貿易大学は日本で言う東工大の経済版だと思って下さい)をいい成績で出ていて、日本語も英語も(あと当たり前にベトナム語も)話せて、単身日本に乗り込んで来るくらいには行動力もあります。

そんな国を期待を背負った超優秀なベトナム人達ですが、将来について話していると違和感があります。国に帰って何をしたいかという質問に対する彼らの答えは「裕福に暮らしたい」だとか「そもそもベトナムに帰りたくない」というのが大概です。

彼らの日本に来るモチベーションは、何かを学びたいというより「ビザが出てる間にバイトしまくってお金を稼ぎたい」とか「豊かな(食べ物が美味しくて街がきれいな)日本で暮らしたい」とか「アニメのイベントに行きたい」だったりします(最後のは特定の1人の例です笑)。

いわゆる日本人の意識高い系の対極にあるような気がするので、意識低い系とでも名付けようと思います。

 

この意識の違いは、もともとの生活水準の圧倒的な差に原因があるのだと考えています。ベトナムは平均月給が2,3万円、貿易大学のトップ卒でも新卒で月給5万円ほどです。一方で日本でひたすらバイトをすると月給15万円は稼げます。ベトナムでのスーパー優秀な人の3年分です。

こういう話があり、そもそも日本に来られるだけで満足だったり、日本でお金稼ぎまくって帰ってから裕福に暮らすことが目的になっちゃったりしています。つまりは満たされていない欲求のレイヤーが低いんですね。

新卒での大企業や外資企業への就職が超人気だった少し前の日本に似ている気もします。ベトナムの学生も、いい暮らしをするために外国語を必死で勉強して、外資系企業に就職したがるので。しかも日本でいう外資(大概は米企業)はアップオアアウト(昇進するかクビになるか)っていって結構シビアみたいですが、ベトナムからすると日系企業外資なので、給料高くてしかもやたら優しい日系企業っていうので、彼らからすると最高の環境です。

 

日本に来れるようなベトナム人は明らかに国の中では超が付くほど優秀だし、日本と比較したときのベトナムの違和感にも気づいているような、国を変える力を持った人間です。ただ、そういう人間が自分の力を発揮しようとせず、低いレイヤーの欲求を満たすだけで満足するという、なんとも悲しい現実です。

もちろん僕の知る中にも、日本語が喋れて意識の高いベトナム人はいます。2人だけですが。

ベトナムの事情の一部にしか詳しくないですが、この話は他の発展途上国にも言えるような気がしています。こういうこと考えると、人類を良くしていくような新しいイノベーションは、そのほとんどが、下位レイヤーの欲求が満たされていて余裕のある先進国から生まれるんだろうなぁと思います。